English 한글 日本語

私たちについて

当前位置: 首页 > 学校概要

学校概要

山東中医薬大学

山東中医薬大学は1958年に創建され、1978年に全国重点的に建設する中国医学大学に昇格し、1981年に山東省重点大学に確定されました。中国教育部本科教学水準評価優秀校、山東省人民政府と国家漢方医薬管理局が共同建設する漢方医薬大学、山東省応用基礎型人材育成特色校、山東省第一陣大学共同創新センター、山東省初の省レベル文明キャンパス、山東省一流学科建設校、山東省轄大学業績評価優秀校となります。

山東省轄大学の中で、本学校は国家級重点学科数が一番多く、修士学位と博士学位授与権利を最も早く獲得し、第一陣のポストドクター科学研究移動ステーションを設立し、初めての国家「973プロジェクト」首席引き受け機関になった大学です。修士学位スポットは全国同類大学において前列に立っています。

学校は徳を基にし学生を育成することを根本に、社会主義的な学校づくり方向を堅持し、中国共産党の教育方針を貫き、「厚徳に仁義、博学に行動」という校訓に従い、「文化で人を影響、基礎知識を重視、伝承を重んじ、創新に努める」という学校づくり特色を守り、粘り強く進んでいきます。幾世代の人々の努力の下で、既に十万人以上の漢方医薬人材及び健康サービス関連業者が育てられています。

学校は高水準漢方医薬大学を目標に力入れています。2007年に、キャンパスは済南市歴下区から長清区に移動し、現在、青島中医薬科学院を含め、三つのキャンパスを持っています。総面積は2,000ムー(大よそ13,334アール)以上、建築面積は53.9萬平方キロメートルに達しています。学校の図書館には、紙質蔵書は201萬冊、電子図書は75.4萬冊、古書の善本は3万冊もあり、山東省古書重点保護機関となっています。そして、学校は17の教学部門、5つの科学研究部門、4つの教学補佐部門、3つの直轄付属病院、17の非直轄付属病院、24の教学病院、10の山東省院生共同育成基地、18の漢方医局入院医師規範化訓練基地を設置しています。1つの国家級実験教学模範センターと1つの国家級大学生校外実践教育基地を有しています。

学校は徳をもって人を育ち、高い医術を持つ立派な専門者を育てることを目標としています。28の本科専攻があり、医学、理系、文系、工学、管理学、法学、教育学など幾つかの分野に広がっています。中には、漢方医学、漢方薬学、漢方西洋医学結合という3つの博士学位授与権を持つ一級学科、15の二級学科、9つの修士学位授与権を持つ一級学科、46の修士二級学科があります。そして、本学校は漢方医学博士学位授与権及び漢方医学、漢方薬学、薬学、生物医学工学、看護学の修士学位授与権を持っています。現在、正規在学生数は21,000人余り、中に院生は3,000人以上占めています。学校は既に海外40以上の知名大学及び医療機構との間に長い友好協力関係を結んでいます。

学校は師徳を第一、教学を要として、実力強大な教師チームを作り出します。現在、在職者数は合わせて3,400人以上、中に博士指導教官は174人、修士指導教官は683人います。国の「国医大師」と呼ばれる教師は3名、「全国名医」と称される教師は3名、「漢方学者」と称される教師は3名、「973」プロジェクト首席科学者は1名、全国優秀教師は8名、中医薬大学教学名師は2名、山東省教学名師は10名、山東省優秀教師は6名、山東省「泰山学者」特別招聘専門家は10名、山東省「泰山学者」登攀計画専門家は1名、省レベル中青年特別貢献専門家は26名、国務院特別手当専門者は52名、山東省著名漢方医薬専門家は96名、「山東著名漢方医」は6名います。学校には、山東省優秀教学チームが6つ、山東省トップ10の優秀創新チームが1つ、「全国大学黄大年式教師チーム」が1つあります。省レベル以上の教学成果を58項目も獲得しました。

学校は特色を際立たせ、一流を競うことを目標として、一群の優勢と特色を持つ学科と専攻を作り出しました。現在、漢方医学基礎理論、漢方医学史文献、漢方医学内科学という3つの国家重点学科、漢方医学、漢方薬学という2つの山東省一流学科、29の国家漢方医薬管理局重点学科を持っています。13の国家臨床重点専門科、21の国家漢方医薬管理局重点専門科があります。そして、漢方医学、漢方薬学、鍼灸マッサージ学、製薬工学という4つの国家級特色分野、11の省レベル特色分野があります。他には、2つの山東省高水準応用型重点建設専門群、3つの重点育成専門群もあります。3つの専門(群)は山東省教育サービス新旧運動エネルギ転換専門ドッキング産業プロジェクトが立項されました。10のオンラインオープンレッスンが建設され、開講されています。

学校は文化で人を影響し、文化で人を育ち、特色鮮明な文化ブランドを積極的に打ち出します。本学校は孔子と孟子の故郷で、扁鹊の里でもあり、鍼灸の発祥地であるから、その独特の文化優勢を活かし、漢方医学文化と斉魯文化を文化人の大切な資源にして、特色のある大学文化品格を作り出します。学校は全国初の省レベル漢方医薬文化協同創新センターを設立し、山東省初の漢方医薬シンクタンク即ち山東省漢方医薬政策と管理研究基地を作りました。第八回世界儒学大会――儒家思想と漢方医薬文化フォーラムを開催し、儒医文化研究会を設立し、初めに漢方医薬文化をハイレベルの国際学術プラットフォームに推し進めました。学校は国家漢方医薬管理局国際協力特定プロジェクト――中国‐ポーランド漢方医薬センタ―を成功に立項し、山東省轄大学をリードし、「一帯一路」建設上の実質的な突破を遂げました。山東省漢方医薬博物館は全国漢方医薬文化宣伝教育基地、山東省漢方医薬文化宣伝教育基地、山東省漢方医薬文化観光模範基地、山東省第十一回社会科学普及教育基地に承認されました。

学校に育てられた人材は「正直で素朴、基礎知識が着実、仕事に真剣」という鮮明な特徴を持っています。数多くの優秀な学生は次々に「全国三好学生」、「中国大学生自強の星」、「山東青年五四勲章」などの栄誉称号が授与されました。第二回全国『皇帝内経』知識コンクールで、本学校は総合優勝を獲得しました。全国第四回「インターネット+」創新創業コンテストで、スイカズラ新品種育成及び栽培技術普及プロジェクトは金メダルを獲得しました。これは本コンテスト開催以来、全国漢方医薬大学が初めて獲得した金メダルです。

学校は科学技術革新駆動を重視し、一流科学研究プラットフォームを作り、立派な成果を遂げました。現在、漢方医学、漢方薬学、漢方西洋医学結合という3つのポストドクター科学研究移動ステーションを持っているほかに、1つの国家教育部重点実験室、6つの国家漢方医薬管理局三級重点実験室、2つの国家漢方医薬管理局重点研究室、2つの全国学術流派伝承ワークルーム、33の全国著名漢方医薬専門家伝承ワークルーム、2つの山東省重点実験室、4つの山東省エンジニアリング研究センター、1つの山東省模範エンジニアリング研究センター、1つの山東省工学実験室、4つの山東省大学共同創新センター、7つの山東省大学科学研究創新プラットフォームを有しています。第十二次五か年計画以来、庁局レベル以上の科学研究課題を686項目担当し、中には、国家級プロジェクトは198項目、山東省科学技術進歩一等賞を8項目連続獲得しました。開校以来、国家級並びに省部レベル一等賞奨励を計29項目獲得し、国家漢方医学臨床研究基地、国家重大新薬製造プラットフォーム(山東)漢方薬ユニットプラットフォームを有しています。

学校は対外交流と協力を重視し、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、オーストラリア、台湾、香港、マカオなどの国及び地区の30以上の大学、医療機関との間に相次いで長期的な友好交流関係を結び、協働的に学校と病院を作り上げました。本学校の国際教育学院は外国人留学生、台湾、香港、マカオ及び華僑学生の募集と育成を担当しています。学部生、修士、博士という三段階の学歴教育と各種類の短期研修プログラムを設置し、英語、日本語、韓国語など多種の言語で授業を行っています。現在、外国人留学生及び台湾、香港、マカオ、華僑学生は合計200名在学中です。毎年各種類の短期留学生、研修生を合わせて200名以上募集しています。

(数据更新至2020年03月25日)